ダイエット中でもOK!食べ放題で太らない食べ方のコツ

食べるのを我慢しようと思っても、なかなか思い通りにいかないのがダイエットですよね。食べたい誘惑に負けて、つい食べ放題にまで行ってしまうことも…。

ダイエットの時に食べ放題なんてとんでもない暴挙のようですが、食べ方に気を付ければ太らずに済むんです。それでは、ダイエットしてても大丈夫な、食べ放題で太らない食べ方のコツをご紹介します。

まずは食物繊維を含むものから食べる

空腹で食べ放題の店へ入ると、つい肉料理や揚げ物などに手が伸びそうになりますが、まずは野菜から食べるのが良いです。野菜類に含まれている食物繊維を摂ると、糖分が小腸でゆっくりと吸収されるため、血糖値が急激に上がるのを防いでくれます。

血糖値が急に上がると、太りやすくなります。そのため、食事の最初に野菜を食べるのが肥満防止に効果的なのです。

もったいないからと、欲張らない

時間制限のある食べ放題では元を取ろうとして、急いでたくさん食べようとしてしまいがちです。しかし、あくまでもダイエット中だということは忘れないようにして、食事を楽しむようにしましょう。

多くの食べ放題の店では、大皿の上に好きな物を食べたい分だけ載せていく、ビュッフェ方式を取っていると思います。一度お皿に取り分けたら、最低でも15分の時間をかけて味わうようにしましょう。

ヒトの満腹中枢が働くのは、食事を始めてから20分後です。最初の方で詰め込んで食べると、満腹感を感じられずに食べ過ぎてしまいます。初めの一皿は野菜多めにして、ゆっくり15分以上使って食べましょう。

食事の合間に汁物などの水分を摂る

ビュッフェの場合、汁物やお茶類はお腹が膨れるので飲まない人も多いと思います。ですが、ダイエット中であれば一皿分食べ終わるごとに水分を摂るようにしましょう。

おすすめはウーロン茶で、200ml飲むと約40kcalを消費できる夢のようなお茶です。摂取カロリーを低くしたいなら、温かいウーロン茶を合間に飲めば、お腹が程よく満たされるでしょう。

一種類の食材に決めて食べる

実は食べ合わせによっては、ダイエットの妨げとなることがあります。例を挙げると、肉類と穀類、肉類と魚介類など、種類の異なるものを同時に食べてしまうと消化にかかる時間が長くなり、胃に負担がかかってしまします。

食べ放題で太らないコツは、食べ物の種類を1つに絞って多く食べることなんです。今日は魚メインと決めたら魚料理だけ、肉メインなら肉料理だけを選んで食べると良いです。

炭水化物は体内で糖質になるので、なるべく食べないのが無難です。以上のコツを踏まえてたまにであれば、ダイエット中の息抜きに食べ放題を楽しんでも大丈夫です。

きちんと食べ方を身に付ければ、大幅なカロリーオーバーもせずに、十分に満足することができます。スイーツは炭水化物を含むような、小麦粉で出来たケーキ類や、もち米で出来た餅菓子はやめて、カロリーも低い氷菓子やゼリー類にすれば体への負担が軽くなります。

そうは言ってもやはり食べ過ぎが心配なら、カロリーをカットしてくれるサプリメントを携帯しておく方法もあります。どうせ食べ放題に行くのなら、思う存分食事を楽しみたいですね。