基礎代謝を上げやすくする方法はこれ!日常生活と食生活から基礎代謝をアップ

日常生活で気をつけておくべきこと

基礎代謝は10代をピークにどんどん下降し、40代になると急激に下降してしまうそうです。基礎代謝が落ちる原因の一つとして筋力の低下が上げられています。筋肉は熱を消費するので筋肉があればあるほど熱を消費する量も増えます。熱の消費量が多ければ多いほど、基礎代謝は活発になるはずです。だとすれば、基礎代謝をなるべく落とさないようにするためには、筋肉の増強が不可欠といえるのではないでしょうか。

また食事にも気をつけましょう。特に夕食が重要なのですが、夕食時になるべく脂質をとらないようにしましょう。そうすることで、体の細胞が改善され数ヵ月後には発熱効果も出てくるようです。

本格的に基礎代謝を上げようと思うなら断然冬です。冬は気温が低いので、自然と人の体は冷えてくる体の体温を上げようと代謝を上げようと努力するものです。体温を上げようと体が動く(熱を発する)ことでエネルギーが燃焼されます。エネルギーの燃焼が基礎代謝を上げるためには必要です。

真夏に基礎代謝を上げようとすることはオススメしません。なぜなら外的要因によって基礎代謝が上がりにくい状況ができてしまっているからです。冬とは逆で、真夏は気温が高いため体が体温を上げる努力をしないのです。

ストレスなく基礎代謝を上げようと思うのなら、この季節を利用して基礎代謝アップを目指すといいでしょう。冬が基礎代謝アップにいいと前述しましたが、この冬の時期になるべく薄着で過ごすことをオススメします。なぜなら、体がより寒い、と感じることによって自然と体が燃焼するエネルギー量も上がっていくからです。基礎代謝アップには大量のエネルギー燃焼が必要となってきます。

飲み物を上手く活用しよう

人間の体は眠っている間に筋肉を作ったりたんぱく質を合成したりしています。この作業を効率的にするには良質な睡眠が必要です。十分な睡眠をとるようにしましょう。そのことが基礎代謝アップの手助けとなるはずです。

そして、基礎代謝アップの手助けとなる飲み物も要チェックです。特にコーヒーがオススメです。コーヒーにはカフェインが含まれていて、褐色細胞に影響を与えてくれるため脂肪を燃焼させてくれます。脂肪が燃焼することにより基礎代謝の数値もアップします。

また、コーヒーにはクロロゲン酸というものも含まれていて脂肪の燃焼を助けてくれます。ですから、カフェインに注目すれば、おのずと摂取するといい飲み物がわかってくるはずです。カフェインを含む飲み物としては、緑茶、紅茶、ココア、コーラ、などがあります。ですが、基礎代謝アップを目的としているのですから、糖分を含むものは避けるのが無難でしょう。コーヒーであればブラックで、紅茶、ココア、は砂糖無しで、コーラは飲むのを避けたほうがいいかもしれません。

中華料理は大量の油を使用したものが多いです。中国の人はもともと中華料理を食べる前にジャスミン茶を飲むのが習慣だったそうです。なぜなら、ジャスミン茶は体が油を吸収するのを抑えてくれるからです。ジャスミン茶もカフェインを含んでいます。ですから、脂分を摂取しても油の吸収をおさえ、さらにカフェインの作用で脂肪の燃焼をさせることを知ってか知らずか、とにかくジャスミン茶を摂取する習慣があります。

カフェインは基礎代謝をアップさせる作用があります。ですが、同時に利尿作用もあります。そのため、カフェインを摂取しすぎると体中の水分が不足してしまうこともありますので水分補給はしっかりとしましょう。