低インシュリンダイエットは健康的なダイエット方法

低インシュリンダイエットというダイエット方法があることは、ご存知でしょうか? もともとは糖尿病の患者さんに対して行っていた、糖分のできるだけ抑えられるような食事方法が元ですので、あまり広くは知られていないかもしれません。

ですが、この低インシュリンダイエットは、現状ポピュラーなカロリー制限によるダイエットよりも圧倒的に効果があり、なおかつ健康的なダイエット方法でもあると注目されているのです。

太る原因、血糖値を制御する

人体が太ってしまうことと、血糖値は非常に密な関係性があります。血糖値が上昇すると、インシュリンが過剰に分泌され、増えすぎたインシュリンが脂肪をたくさん蓄えてしまって体重が増加してしまう、というのが太るメカニズムです。

ですので、これまでのダイエットは摂取カロリーを減らすことによって血糖値上昇を抑えてインシュリンを増やさない、という方法が主流となったのです。しかし、この方法だと、カロリーを取らないことによって、血糖値の低い状態が続き、食事をした際に嫌がおうにも血糖値上昇が起こってしまうため、折角ダイエットをしていたのにリバウンドしてしまう、という逆効果を引き起こし易かったのです。

さらに、リバウンドどころか、栄養が足りなくなったり、脳内の中枢機能や代謝にバランスを起こしてしまい、体がどんどん不健康になっていまう、ということも立証されているのです。

大切なことは、血糖値の上昇を抑えることには変わりはないのですが、大事なのはその上昇量を抑えること。それだけで脂肪は付きにくくなるのです。そして、低インシュリンダイエットならば、血糖値の低下をも抑えることができます。つまり、インシュリンの過剰増加だけを防ぐ、というダイエット方法なのです。

低インシュリンダイエットの利点

GI値という数値があります。一定の量を摂取した場合にどれだけのインシュリンが作られるか、というのがこのGI値です。GI値が高いとインシュリンが豊富に作られ、GI値が低いとインシュリンは少なくて済む、ということです。

GI値に注意をしたインシュリンダイエットは、糖尿病を予防し、高血圧、心疾患などの脂質異常を押さえることができ、肝疾患治療も可能、という健康的な作用があります。もちろん、食べることができるので無理のないダイエットが可能ですし、内臓脂肪も効率的に落とせ、リバウンドの心配がない、という点が、ダイエットをする上での利点です。特に、リバウンドの心配がないのは、これまでのダイエットにはない独特の利点であると言えるでしょう。

気を付けるポイント

低インシュリンダイエットを行う上で、もちろん注意すべきポイントがあります。まず、血糖値の急上昇に繋がるので、食後にフルーツを食べるのを避けること。主食としてポピュラーなお米は、血糖値が上がりやすいため、できるだけ乳製品と一緒に食べること。乳製品はGI値を抑えてくれます。また、パスタも固めにゆでるとGI値が低くなります。チャーハンを食べることもあるかもしれませんが、脂質が多くてついつい避けてしまいがちです。ですが、植物油を取っておくと脂質の吸収量が下がりますので、GI値を抑えられます。これでチャーハンも食べられますね。

それと、最後に必ず適度な運動を取ることです。食べるだけで痩せられる、という簡単な話はありませんし、運動も健康には必要不可欠です。効率よく痩せるためにも、健康のためにも、ぜひとも行ってください。

最後に、GI値はネットなどで確認することができるので、食品選びの際にはネットでの確認をきちんとしておきましょう。